会える出会い系サイト100選

出会い系でもルールは守ろう!知っておけばトラブル回避が可能

time 2018/12/10

いまや、出会いを求めて出会い系を利用する人が増えています。

利用者が増えると出てくるのがトラブルです。

トラブルを避けるためにはルールを守ることが必要です。

さらにトラブル対処のために法律もある程度知っておきたいモノです。

出会い系でもやってはいけないことがある

出会い系といってもいろいろあります。

例えば、結婚相手を探すためにの出会い系もあれば、お互い行為だけのサイトも存在します。

どちらもやってはいけないルールが存在しています。

理由は勿論、トラブル対処です。

自分と話が合う相手が見つけられる便利なサービス。

その反面、以前はトラブルも多発しました。

なので、出会い系はトラブルの温床というイメージが定着してしまいました。

そのため、各サイトごとにルールが設定されています。

利用する際はサイトでのルールーを確認しておきましょう。

ルールーを無視していると最悪、サイトへの出入り禁止になってしまいます。

知らない間に犯罪者になる可能性

もし、自分が気が付かない間に犯罪を犯していたらどうします。

知らないでは済む問題でありません。

確かに知らなかったということで刑は軽くなるかもしれません。

罰金刑ならお金を払えばいいと思うかもしれません。

しかし、どんな状況でも犯罪を犯せばそれなりの報いを受けます。

例え、罰金刑ですんでも職場や周囲の人に知られたらどんな目に遭うか分かりません。

場合によっては身内にも迷惑がかかります。

話が変わります。

出会い系で出会った女の子と意気投合して性行為をした場合を例に挙げてみましょう。

ちなみに未成年との性行為は犯罪です。

出会い系では年齢を申告する義務があります。

しかし、その年齢を相手が胡麻化していたらどうします。

つまり、出会った女の子が行為後、未成年と分かったらどうします。

知らなかったとはいえ、犯罪を犯したことになります。

他にもSNSサイトを開設したものの、長い間、放置していたら違法な出会い系になっていたということも考えられます。

放置していたといえ、SNSサイトの責任は本人に降りかかってきます。

案外、出会い系には犯罪という落とし穴にはまりやすいです。

怖いのは未成年との接触

未成年の接触は怖いです。

それに写真では未成年か否か判断するのは難しいです。

特に女性の場合、化粧で誤魔化すことができるからです。

なので、未成年との性行為でトラブルになるのは男性が多いです。

だからといって、女性だけが悪いわけではありません。

中には未成年と分かった上で性行為を行う人もいるからです。

一度の出会いで行為を行うならともかく、何度も会うことで相手が未成年か否かが分かります。

未成年とは知らなかった、自分も被害者だ。

そういって、犯罪を誤魔化すことはできません。

性的な接触は全てアウトになる

18歳未満の児童に対して性的な接触をすることは100%禁じられていることを頭に入れておきましょう。

つまり、18歳未満の児童は法律で守られているということです。

セックスはもちろん、胸や性器を触ったりキスをするのもダメです。

例外は医療行為や、許嫁のように両家公認かつ本人同士もそれに同意している場合です。

でも、未成年の場合、別れ話がこじれた結果、訴えられることもあります。

以上のことから出会い系は犯罪につながるトラブルも多いです。

何度も繰り返しますが、出会い系もルールを守って利用しなくてはいけません。

何故なら、出会い系はその気がなくても犯罪の片棒を担いでしまうこともあります。

そうならないために確認すべきことは必ず、確認しておきましょう。



当サイトおすすめ出会い系サイト

ハッピーメールバナー